琉球ガラス

琉球ガラスの技法

琉球ガラスアイスカット技法 -ひび割れ模様ー

琉球ガラス技法の一つでクラックガラス、いわゆるひび割れ模様がある。このひび割れ模様をあえて深く浮き出たように作られた作品が琉球稲嶺ガラスのアイスカットガラス、琉球ガラス現代の名工稲嶺盛吉が独自の発想とても魅力的な琉球ガラスの技法としてアイスカットを誕生させた。

アイスカットの特徴

大胆なアイスクラック(アイスカット)が特徴

アイスカット技法に粉ガラスを被せた琉球ガラスのグラス
アイスカット技法 粉吹き

世界に一つだけのクラック模様、大小無数に入ったクラックは琉球ガラスに独特の表情を与え生き物のようにさえ感じることもある。単純にきれいなガラス細工ではなく見るものの想像力を掻き立て、ガラスアートの中へ惹きこんでいくような作品です。表情として、粉雪を被ったような粉吹き、濡れガラスの様な透きクラック、クラック表面に土をかぶせた土紋クラック等があります。

アイスカットの魅力

透きガラスのアイスカットは、雨の日のガラス越しに見える風景だったり、キラキラ波に揺れる海の中だったり、凍りついたグラスそのもののようでもあります

透明のままアイスカット技法で作られた琉球ガラス作品
アイスカット 透クラック

表面に粉ガラスをまぶしたアイスカットは、凍った冷え冷えのグラス、流氷が押し寄せる北の海だったり、土紋クラックは立体的で城壁や石畳等手で触れるとその感触も体感できます。また、いろんな色が入るとさらに琉球ガラスの表情は無数にそして無限に景観や景色をイメージされていくことでしょう。

アイスカットの琉球ガラスのグラス

涼しさと職人の温もりを感じるアイスカット技法の作品たち

身近でどこにでもあるガラス、職人の手によって素敵にそしておしゃれに生まれ変わったアイスカット技法の琉球ガラスを探す沖縄旅行も楽しいかも

琉球ガラス 泡ガラス技法 -琉球泡ガラス-

 廃瓶を使うことによって生まれる泡が入ったガラス製品は琉球ガラスの欠点とされてきた。その欠点を逆転の発想でガラス業界に激震を与えたのが琉球泡ガラスの巨匠稲嶺盛吉氏(琉球ガラス現代の名工、宙吹きガラス工房虹)。
 溶けたガラスを竿を使って撹拌し泡立てることによりきめ細かな気泡ガラス作りそれを透きガラスに被せることによって、おしゃれで光が当たるとキラキラ輝く琉球泡ガラスを誕生させた。

琉球泡ガラスのペアグラス|稲嶺盛吉

琉球泡ガラスの特徴

 泡ガラスの特徴は、きめ細かな気泡で表面を包むことで光にかざすと無数の泡ガラスがキラキラ輝いて見えます。また、白、ピンク(紫)、茶等、色付の泡ガラスを使うとさまざまな表情を見せ、今までにない芸術的な琉球ガラスに・・・
 カレー粉で着色した大小の気泡を施したカレー泡の作品は幻想的でガラスとは思えないほど素敵な作品になります。

緑と青の泡ガラスのお皿
緑と青の泡ガラスのお皿

幻想的おしゃれな琉球ガラスの泡グラス

 下記のカレー泡宙吹き波巻グラス(左)は、泡ガラスを薄く巻きつけることによって、中を覗くと宇宙の様な感じです。その隣のカレー泡ロックグラスは紫の透きガラスにカレー泡のガラスをランダムに厚く巻くことで鍾乳洞や岸壁のようにも見えてくる素敵でおしゃれな作品です。

琉球ガラス 泡ガラスの作品

 泡ガラスには、逆転の発想で未知なる可能性を掛けた職人の魂が込められている。
 大胆できめ細かな琉球泡ガラスは、究極のガラスアートかも・・・沖縄のアート作品を見つける旅ってのもいいね。

タイトルとURLをコピーしました